TOPラーメン ≫ 味集中カウンター@一蘭 京都八幡店

味集中カウンター@一蘭 京都八幡店

一蘭 京都八幡店

八幡一蘭全景

場所
京都府八幡市八幡南山106-3
電話、075-981-3100

24時間営業

年中無休

現場近くのラーメン屋 テイク2・・・・・・・

一号線を京都方面へ向かって、洞ケ峠の信号を左折し

しばらく進むと現在常駐の現場に到着するんですが

洞ケ峠の信号を左折する時に左前に見えた。

赤地に黒で書かれた とんこつ の大きな字・・・・・・

ふ~ん、豚骨ラーメンが有るんやぁ~・・・・・・・

まぁ~とんこつらーめんなんて、どこにでもあるわなぁ~・・・

と、思ってたんです。

そして、昨日、洞ケ峠で赤信号に引っ掛かり、

何気なしに とんこつ の字を眺めてると、まん丸い看板の中に

一蘭と書かれてることに気が付く私・・・・・・・・・・

(゜ロ゜) ヒョオォォ!・・・・

一蘭と言えば、あの一蘭やんなぁ~・・・

カウンター席の両隣に仕切りが有って、

兎に角、ラーメンに集中して食わんかい!って店・・・・・

こりゃ~行っとかなあかんでしょう!

ということで、本日、後輩Aくんと下請業者のHさんの

3名で寄せて頂きました。

話題性豊かな有名店なので、12時なんかに行こうものなら

長蛇の列に巻き込まれてしまいそうなので、

少々早めの11時40分に店に到着したんですが、

なんや拍子抜けと言うか駐車場はガラガラ、

そして、だぁ~れも並んでいない。

良いのか?悪いのか?兎に角、行ってみよう!(^-^ ) ニコッ

八幡一蘭入口

入口と出口が別になってるようですね~・・・・・・

入口入って、左手直ぐに券売機有りです。

八幡一蘭券売機

基本的にメニューはシンプルで、ラーメンがベースに有って

替え玉、オプショントッピングが数種有りで、生ビールにごはんです。

チケットを購入後に店内に入ると、空の席へお座り下さいの看板が有ります。

八幡一蘭空席表示

( ̄~ ̄;)ウーン・・・・・・・

前にミナミで入った時もこんな感じやったよなぁ~・・・・

この状況を目の当たりにして、なんじゃ!こりゃ!・・・・・

ラブホテルかいな?と思う私は田舎者なのでしょうか?(^-^ ) ニコッ

それにしても、空がけっこうあるなぁ~とか考えながら暖簾をくぐると

何じゃ?こりゃ?厨房やんけ!

はぁ~なるほどねぇ~・・・・・・

真ん中が厨房で左右が客席ってことかぁ~・・・

判りにくいよなぁ~・・・・・・・

世界初 味集中カウンター・・・・・

一蘭だけの特許ですかぁ~・・・・色々考えよるよなぁ~・・・・

結局、向かって右手のカウンター席の中央に落ち着く私・・・・・

八幡一蘭店内

席に着くと、目の前に置かれた一枚の紙切れが有る。。。。

何々、、、、味の濃さにこってり度、にんにく、ねぎ、チャーシュー・・・・・・

そうそう、思い出したわ!自分好みの味を作れるシステムやったよなぁ~・・・・

八幡一蘭説明
八幡一蘭美味しいタイミング

"(~ヘ~;)ウーン ・・・・・"

えぇ~と、濃い味にして、当然、こってりやんなぁ~・・・

仕事中やし、にんにくは少々にしとこか・・・・・・・

ねぎは、青ねぎにしてと、チャーシューが要らん訳ないやん!

秘伝のタレはっと、初めての方は二分の一がお勧めかぁ~

じゃぁ~2回目なんで、基本にしてと・・・

麺は柔らかからず硬からず、基本って事にしよう!

はい!正面の小窓より、オーダー表を店員さんに渡します。

待つこと、数分・・・・・やって来ました。

私好みのラーメンです。

八幡一蘭ラーメン&ライス

先ずはトッピングから・・・・・・

一蘭濃い味こってりニンニク少々青ネギチャーシュータレ基本硬さ基本

中央に赤く染まるは秘伝のタレでございます。

八幡一蘭チャーシュー

左手に青ねぎが有りまして、右手には肩ロースの薄切りチャーシュー有りです。

八幡一蘭麺アップ

麺は、細麺ストレートのプチプチ系です。

とんこつスープは獣臭を全く感じないあっさり系です。

私的には、こってりの濃い味をオーダーしましたけど、

思ったより普通で、(・_・?) ン?・・

こってりってこんなもん?って感じでした。

八幡一蘭鉢底

総評としては、無難な美味しさなんですが、ちょっと高いよなぁ~・・・・・

因みに、同行の二人は、あっさりを選び、にんにくも抜きにしたそうです。

それでも、ちょうど良い感じやったなぁ~と感想を述べてました。

やっぱ、好き嫌いは人それぞれやろうけど・・・・・・

俺って、日ごろから濃いもん食べ過ぎやろか?

濃いこってりと言えば、無鉄砲くらいが良い感じやねんよなぁ~・・・

私的評価:☆☆☆☆

一蘭 京都八幡店




関連ランキング:ラーメン | 樟葉駅松井山手駅長尾駅


  にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村   ランクアップに御協力を!

Comment

どこにでも
編集
あるんですね~
京都の街中ではなく、はずれですよね~
海外出店などしているので、国内ならどこにあってもおかしくないでしょうけどね。

博多ラーメンでもない、久留米ラーメンでもない、でも豚骨ラーメンってのが一蘭かな~
正直、行列ができているのが不思議な感じもしますが、人気店ですね。
書かれているように、ちょっと高いのはいただけないですね~
ラーメンはワンコインで食べられるぐらいが一番かな~

息子にここに一蘭があるよ~って教えてやろうかな~
たまに、豚骨を食べたくなるそうです(笑)
2013年06月29日(Sat) 22:34
編集
京都と大阪の県境と言いますか、京都に入ってすぐ
の場所にあります。

一蘭は博多ラーメンじゃなかったんですね~
確か?一蘭でしたよね・・・・
りゅうさんが昔よく行ったって話してたみせは・・・
でも、やっぱちょっと高いですよね~・・・・・
それでも、お客さんがやっって来るってのは
やっぱ、この独特のスタイルにあるんかなぁ~・・・
一度は話のネタに行ってみようってなるもんね~

そうそう、たぶん、龍平くんの住いからだと
車で、小一時間程度だと思います。
ただ、電車やバスではだいぶ遠回りしないと
行けない場所かな?・・・・・



2013年07月01日(Mon) 08:18












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL